2010年9月10日金曜日

イプ買ってきて

 
「お願い、ハワイで買ってきて!」

と日本でフラをやっている友人からIPU(イプ)というハワイの楽器をハワイ出発前に頼まれました。

そしてご丁寧に知り合いが持っているイプの写真までメールされてきました。

ただの瓜みたい。でも見たことある。

フラのことがよく分からない私には乾いたヘチマにしか見えません。

現地の友人にどこに行けば手に入るのかを聞いたところキングストリートのHula Supplyがいいんじゃないとのこと。

分かった。車で前を通ったことがある。あそこだ!

早速行ってみると、その場所は違うお店になっていました。

あれれれれ。。。

そう言えばこの間Beretania通りの中華料理屋さん(ミニガーデン)に行ったときに、すぐ横にHula用品のショップを見かけたのを思い出しました。

よし、そこに行ってみよう。

店の名前はJ & L。



J & L


行ってみると大きなトラックが店の前に止まっており、スタッフみんなでトラックの中の荷物を倉庫に運んでいて私に見向きもしてくれません。

日本だったらまずお客さん優先ですが、ここでは違うのです。

まあ時間もあるので店内をうろうろ、いかにもフラをやってますという感じの日本人のお客さん(おばさん)達が2,3組いました。

どうやらフラショーの飾りつけについて相談しているようです。

待つこと約10分。

荷卸が終わり、店員さん達が戻ってきましたが、すぐにおばさん達の接客に入ってしまい、また私はひとりぼっち。



店内


しょうがないのでまた店内をうろうろし始めたところ、奥に40代くらいの日系っぽい男性スタッフがいました。

イプを1つほしいというと、だれが使うのか?と聞かれました。

私の友人ですと答えると、今度は彼女の身長は?と聞かれました。

155センチくらいと答えましたが、センチじゃわからないと言われたので、手でこのくらいの身長だよと伝えました。

すると少し考えた後、店内のそこらじゅうのイプを叩き始めたではありませんか。

コーン、ポーン、コーン、ポーン...

という乾いた音が響き、また少し考えた後何も言わず今度は店の置くの倉庫に消えていきました。

最初は何?と思いましたが、いい音のイプを探してくれているのだなと容易に想像できました。

倉庫の奥からもコーン、ポーン、コーン、ポーンとしばらくやった後、汗だくの顔をぬぐいもせず2つのイプを手にして出てきました。

そしてどっちかがいいと思うよと差し出してくれました。

両方とも同じ値段で22ドルとのこと。

友人から置いたときに安定するやつを買ってきてねと言われたのを思い出し、底がより平らな安定感のある方を選んで、これくださいと伝えました。

一緒にレジに行くと、誤りながらやっぱり29ドルだったとすまなそうな顔を見せます。

「この人絶対にうそはつかない人だ。」ということは直感的に感じることができたので、いいですよと答え、20ドル札と10ドル札で合計30ドルを渡しました。

プルメリアの絵柄のビニール袋に入れ、Thank you!と言いながら自分の名刺も一緒に渡してくれました。

おつりをまだもらってないよと伝えると、慌ててレジを開けSorry!とさっきと同じすまなそうな顔をしていました。

「この人は絶対、いやたぶんうそはつかない人だ。本当におつりをうっかり忘れたんだ。」と心の中でつぶやきながら、笑顔でThank you と言いイプの入ったビニール袋を受け取り店を後にしました。

それにしても、イプって色んな大きさや形があって色も模様も様々でした。



イプ


まあ考えてみれば、天然の瓜だもんね。当たり前ですね。

それを簡単に買ってきてねと頼む友人はあまり無責任だと思いつつも気に入ってもらえることを祈ります。

私はフラはやらないけれど、お店いっぱいに置いてあるレイやフラ用品を見て何だか楽しかったです。

ちなみにHula Supplyは前にあった場所のすぐ裏のビルに引越ししたと後でわかりました。

私の行ったJ & L Trading House はここですよ↓

2077 S Beretania St., Honolulu, HI 96826 Tel: (808) 941-8887



それでは、また。

0 件のコメント:

コメントを投稿