2010年9月22日水曜日

デルタ航空 無料アップグレード!

 
ホノルル空港のデルタ航空カウンターにてチェックインを済ませ、もらった搭乗券を見ると「3J」と書かれていました。

これは、もしかしてビジネスクラス!?

あわててカウンターのお兄さんに「これはビジネスクラスですか?」と尋ねると、やっぱり答えは「YES」。

ついにやりました!

ノースウェスト航空時代は無料アップグレードGET率約80%だったゴールドメンバーの私が、デルタ航空との合併以来ずっとずっとアップグレードがなかったのです。

デルタ航空を見捨てずに乗り続けていたかいがありました(涙)。。。

飛行機に乗り込み、久しぶりの広~いシートに感動。

ふと隣の席を見ると20歳くらいのぽっちゃりした白人男性が座っていました。

しかし彼の様子が少し変です。一人でぶつぶつ窓に向かって話しかけているのです。

その声は大きくなったり小さくなったり。もちろん英語です。

私はちょっと怖くなり、なるべく隣を見ないようにしていました。

無事に離陸しドリンクのサービスが始まり、早速白ワインをいただきました。

やっぱりプラスチックのコップと違ってグラスで飲むワインはうまいなぁとワインのことがよく分からない私はグラスに大満足。

その飲みかけのグラスを隣の席と共有の小テーブルに置きました。

しばらくして2口目を飲もうとグラスに手を伸ばすと、なんと隣の白人男性が私のグラスを握り、じっとワインを見つめているではありませんか!?

こ、こわっ!

どうやら飛行機が揺れてワインがこぼれるのを心配したらしく、グラスを宙に浮かせるために手で持っていてくれたようです。

確かに飛行機は揺れているけれど、ワインがこぼれるほどではないのに。。。。

私は「Thank you」と言いながらグラスを彼から受け取り(奪い取り?)、ワインを飲み干し空っぽのグラスをまた小テーブルに戻しました。

隣をみると彼はまた窓に向かってブツブツ。。。。

すぐにスチュワーデスさんがワインを注いでくれました。さすが、ビジネスクラス!サービス満点!

数口飲みそのグラスを小テーブルに置くと、隣の彼はまたそのワインが気になってしょうがない様子。。。。グラスをじっと見てる。。。。。こわっ!

しかたなくワインを半分以上飲んでから、グラスを小テーブルに置くと彼は安心したように窓との会話を再開しました。

するとまたスチュワーデスさんがワインを注いでくれました。

貧乏性の私は来るものを拒むことを知りません。

隣の彼にグラスを触らせないために、また半分以上飲んでから小テーブルに。

するとまたスチュワーデスさんがワインを。。。。

ぐでん、ぐでんに酔っ払い、あっという間に成田に到着。

ああ。。。。頭が痛い。。。飲みすぎた。

た、ただいま。。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿