2011年11月15日火曜日

サンダル・ワイン?


こんなとってもハワイちっくな白ワインを見つけました。

飲み物にサンダルの絵が思いっきり描いてあるなんて、日本人の感覚ではちょっとあり得ないかも。

しかもフラダンサーまで描かれているのにカリフォルニアワイン。

さらにフラダンサーの顔がちょっとおじさんっぽい。

うそ臭いけれど何だか憎めない魅力がありつい買ってしまいました。

肝心の味は?うまい!ワインのことがよく分からない私が言うのも何ですがうまい。

ミディアムドライと書いてあります。こんな説明ですみません。。。

気になるお値段は?

あれ!レシートがない。

ちょっと怪しいKings Mini Mart(ホワイトサンズの通りです)という酒屋で買ったのですが、そういえばレシートをもらってない気がします。もしくは私がなくしたのかも。

確か7ドルくらいだったと思います。

ワインの名前はFlipflop。米語でFlip-flopとはサンダルのこと、そのまんまですね(笑)。

それでは、また。


ハワイ太郎

えぞ菊カレーよ、いったいどうしたんだ?

私のハワイ出張の楽しみは、サーフィンでもなく、ゴルフでもなく、はたまたショッピングでもありません。

それは「えぞ菊」のカレーを食べること。

あの具だくさんでボリュームたっぷりのカレーをむしゃむしゃ食べることです。

出張中は情報収集やミーティングでワイキキをたくさん歩きます。ときには時間に追われ走ったりもします。

ハワイでの私はまさに肉体労働者。そんな私を喜ばせてくれるのが「えぞ菊」のカレーなのです。

いつもはカラカウア通り沿いのお店に行くのですが、今日は時間の関係でロイヤルハワイアンショッピングセンターのフードコート内のえぞ菊にてランチを取ることになりました。

もちろん「カレーライス、プリ~ズ」と言うと、「ありません。」と言うではありませんか。

呆然としている私に「チキンカツカレーならあるわよ。」とのこと。

それをはやく言ってくれと心の中で思いながらチキンカレーをオーダーしました。

待つこと5分。

ついに私の番号147番が呼ばれ、カウンターに取りに行くと私の知らないカレーライスがありました。

具はとけてしまったのか姿は見えず、しかも器は底が深いプラスチックのどんぶり風で、カレーの量は少なめ。

こげこげの細いチキンが申し訳なさそうに乗っています。

ごはんもパサパサでチキンも硬く、決して満足できるものではありませんでした。

やっぱりカラカウア通りのお店に行かなくてはだめだと思いながら食べてはいたものの、深いどんぶりなので底のほうはカレーソースがなくなってしまい、最後の方はパサパサのごはんだけを味わう羽目になってしまいました。とほほ。。。

仕事に戻り午後のミーティングをすべて終え夜8時、今度はリベンジでカラカウア通りのえぞ菊に向かいました。

カウンター席が空いていたので、そこに座ると店員さんが私にスタンプ溜まってませんか?と声をかけてくれました。

財布の中のえぞ菊スタンプカードを見てみるとなんどスタンプがいっぱいで1食分無料になっていたのです。

今日のお昼のえぞ菊でスタンプがいっぱいになったのです。

カレーライスをオーダーすると店員さんが、今日は無料だからもう少し高いものをオーダーしなよと親切に言ってくれました。

「じゃあ、チキンカツカレー!」とふつうのカレーよりも2ドル高い贅沢なカレーをオーダーしました。

カレーが来るまで馴染みのスタッフに今日のフードコートのチキンカツカレーがいかにまずかったかを丁寧に説明してあげました。

そのスタッフは「おかしいなぁ、同じ材料なんだけどね。料理人の腕かな?、でもたまに味があっちとこっちではちがうって言う人いるよ。」という話。

そしてついに私のカレーがやってきました。


しかし、待ちに待ったそれは私の思い描いていたカレーとは程遠く、今日のお昼に食べたカレーとそっくりでした。

違うのはお皿だけ。。。ごはんのぱさぱさ加減もチキンの硬さもそっくり。

こ、こんなはずでは。。。。えぞ菊カレーよ、いったいどうしたんだ?

スタンプのおかげで無料とはいえ。。。。これはもしかしてチキンカツカレーだからだろうか?

ふつうのカレーならうまいのか?

でもごはんは同じはずでは?

私の舌がおかしいのか?

ハワイも野菜不足なのか?

不景気で米の質を下げたのか?

色んなこと質問が頭の中をぐるぐる駆け巡りましたが完食し力なくホテルに帰ってきました。

明日、えぞ菊にチキンカツカレーではなくふつうのカレーを食べに行くかどうかは今日一晩考えて決めたいと思います。


ハワイ太郎

再びホワイトサンズ


スリル満点のスピードシャトルでホワイトサンドに到着。

フロントに行くと「Welcome Home!」とフロントスタッフが満面の笑みで迎えてくれました。

数ヶ月前にもここに泊まった私を覚えてくれていたのです。ちょっとしたことですが、こういうあいさつって本当にうれしいですよね。

まったく関係ないですが「お帰りなさい、ご主人様」という言葉を求めてメイド喫茶に行く癒されたいサラリーマンの気持ちが少し分かったかも。(行ったことはないのですが。。。)

フロントでチェックインの書類を書き、クレジットカードを提示しお部屋の鍵をもらいました。

チェックインは通常3時ですが、お部屋が空いていたのですぐにお部屋に入れるとのこと。

ありがたし。

そしてお部屋はなんと最上階!(といっても3階建ての3階です。あはは。。)

フロントのすぐ横のプールサイドではとっても体の大きな白人女性がうつぶせで気持ちよさそうに寝ています。

顔は見えませんが、その雰囲気から気持ちよさそうな顔をしているに違いないのです。(思い込み?)

その横で小さな旦那さんらしき男性が本を読んでいます。

日本人のあわただしい旅行と違い、白人のミドルエイジの方々はの~んびり時間を使うんですよね。

エレベーターがないのでちょっと階段が面倒でしたが、スーツケースを持ち上げ意味もなくダッシュして駆け上がり部屋に入りました。

前回泊まったプールサイドの1階の部屋よりも部屋の形が正方形に近く前より少し広く感じます。



私一人ですがベッドは2つ。

もったいないので余ったベッドの上にスーツケースを広げることにしました。

決して豪華とは言えない部屋ですが、キッチンや食器類、電子レンジ、コーヒーメーカー等必要なものが揃っているシンプルな部屋です。



ベランダからは、やしの木やプールが見下ろせ、さっきの白人夫婦も見えます。

ラップトップのコンピューターに電源を入れると、プールサイドの無線LANが部屋でも使えることが判明。う、う、うれしい。。。

前回はプールサイドの部屋でしたが無線LANは届かなかったので、いちいちプールサイドでメールチェックしてました。

そのおかげで他の宿泊客やスタッフと顔を合わせる機会が増え仲良くなったのはよいのですが、ちょっと面倒でした。

きっと今回の部屋は前回よりもフロントデスクに近い部屋だから無線LANが届きやすいのでしょう。

早速Eメールをチェック&返信し、シャワーをあび、何本か電話をし、さぁ外出して仕事。

階段を下りて何気なくプールサイドを見ると、まだあの大きな女性がまったく同じ体勢で寝ています。

時間を逆算すると2時間以上も同じ体勢でいることになります。

「すごいなぁ」と変なことに感心しながら、フロントスタッフに挨拶をしてミーティングに出発!

いってきま~す。


ハワイ太郎

スピード全開!スピードシャトル!

JL72便、予定より30分も早くホノルル空港に到着。

機内で「猿の惑星」と「探偵はBARにいる」の映画2本を見た私は眠い目をこすりながら、いつものように空港の個人出口を出て、エアポートシャトル乗り場へ。

そうです。タクシーは高いから、いつもエアポートシャトルでワイキキに移動するのです。

あれれ。。。だれもいない。いつもはシャトルを待つ観光客でにぎわっているのに何だか変。

近くにいた交通整理のおじさんに「エアポートシャトルは?」と聞くと、「あっちだよ」と言わんばかりに反対車線を指差してくれました。

そこにはきれいな緑色のバンが2台。車体にはSpeed Shuttleと書かれています。

横断歩道を渡り、ユニフォームを着た若いお姉さんに「エアポートシャトルは?」と聞くと、「何人?どこのホテル?」と逆に質問され、その質問からこの人がエアポートシャトルスタッフだとわかりました。

どうやら前までエアポートシャトルを運行していた「Roberts Hawaii」からこの会社「Speed Shuttle」に変わったらしい。

ハワイ州の許可を得て空港発のシャトルを運行できるのは一社のみ。長期間一社独占にならないよう数年おきにシャトルを運営する送迎会社が変わるのです。

どうやら最近変わったらしい。

「いつ変わったの?」と聞くと「最近だよ。」とアバウトな答え。

12人乗りの小さなバンなので、Roberts Hawaii の大型バスと違って1台あたりの乗客は少なめ。

ということは廻るホテルも少ないから早くつくだろうと思うとちょっとうれしい。

しかし片道の値段は前の9ドルから14ドル55セントに値上げされているのが残念。

「ちなみに往復でチケットを買うといくら?」と聞くと「分からない」と答える女性スタッフ。

往復料金を覚えていないのか、往復というシステム自体がないのかは不明ですが、どうやら片道チケットしか売ってくれないらしい。

今オバマ大統領がハワイに来ているため、彼の行動に合わせて交通規制が色んな場所でちょこちょこあるそうです。

その影響で車は変な抜け道ばかり通ります。

しかも猛スピードで。さすがその名のとおりSpeed Shuttle!でもちょっとこわい。。。。

車の後部に積まれたスーツケースがごろんごろんと音を立て転がり、その度に私のとなりのおばさんは後ろを振り返ります。

そのスピードに11人の乗客は終始無言。きっとみんなドキドキしているに違いありません。

車内を流れるのどかなハワイアンの音楽と急ハンドル & 急ブレーキの運転がなんとまぁミスマッチ。

APEC が昨日終わり、お偉いさん達は各国に昨日帰ったそうですが、ハワイ出身のオバマさんは数日ハワイで過ごすとのこと。

同乗した日本人のおばさんはイリカイホテルなのに、「オバマ交通規制」の関係で車がホテル前に入れずヒルトンで降ろされて大きなスーツケースを押しながらトボトボ一人で歩いて去っていきました。

私は問題なく宿泊先であるホワイトサンズの目の前で降ろしてもらうことができとてもラッキー!昨日はワイキキ内のいたるところで交通規制があったそうです。

こうして私の3ヶ月ぶりのハワイ出張が始まりました。スピードシャトルを見習ってスピード全開で仕事をこなすぞ!

なんのこっちゃ!?


ハワイ太郎