2013年12月9日月曜日

滞在先の保証金はどのように返金されるか知っていますか?


イーストマンで滞在先を手配された多くの方は、入居前に保証金をお預かりしております。
(コンドミニアムやバケーションレンタルなど)

その保証金は退室後に返金されるお金なのですが、退室時に管理会社やオーナーから現金で返金されない事もあります。

退室後に管理会社やオーナーが使用後の部屋を確認し、部屋の備品や設備に破損がないか?特別にクリーニングする必要があるのか?などいくつかの点を確認し、必要ならば保証金から修繕費などを差し引き残ったお金を返金。何も問題がない場合は全額返金。

日本で言う敷金のようなものです。

そしてその保証金の返金方法ですが、現金・またはドル建ての小切手にて返金してお返ししています。
小切手にて返金の場合は滞在先退出数週間後、国際郵便にて日本のお客様のご住所宛に郵送されてきます。

個人で小切手を扱う習慣のない日本では、銀行で手続きに長く待たされたという話も珍しくなく。手数料も通常数千円かかり、その時の換算レートによってはお客様に不利益に働く場合もあるでしょう。

そのようなお客様より”めんどくさい”,小切手をどのようにすれば日本円に換金できるのか?
などのご質問がとても多かったので、この度お客様のご希望を元にサービスを開始しました。

その名も” 保証金受取りアシストサービス ”!!
そのままの名前です。

サービス料金:¥5,000(税込み)

このサービスは滞在先の保証金小切手をお客様に代わって受け取り、日本円に換算してお客様の日本の銀行口座にお振込みするものです。日本円への換算レートはお客様が保証金を支払ったときのレートにて計算しますので為替差損は発生しません。
















とても便利なサービス!!
是非イーストマンで滞在先を手配された方はこのサービスをご利用下さい!!






無料でレイを作っちゃおう ロイヤル・ハワイアン・センター

ハワイ次郎です。

ハワイのお祝いごとにはかかせない「レイ」。ご自身で作った事はありますか?

以前ハワイに渡航した際にロイヤル・ハワイアン・センターで無料レイメイキングをやっていたので、潜入してきました。

余裕があれば僕もレイメイキングに参加したかったのですが、月曜の13:00~のレイメイキングはすぐに満席になってしまい参加する事はできませんでした。

しかし、IIEの生徒が参加をしていたので写真を撮りながら見学をさせていただきました。


先生と色々と雑談をするとハワイに50年も住んでいる方で、今はボランティアとしてレイの作り方を教えているといっていました。

無料レイメイキングは先生からしても大事なコミュニティーだそうで、毎週楽しんでレイを教えているそうです。また長くハワイに住んでいるのでオススメの場所やハワイで生活するにあたっての知恵を教えてくれますよ。

ちなみに先生は日本語がペラペラで。お話上手

日本人だけでなくアメリカ本土やヨーロッパ、中国などから来た人が参加しており賑やかでした。


しかし、レイメイキングは大変人気なようで、参加する場合は早めに会場に行く必要があるため、事前にいつ何処で何時から始まるかを確認しておいた方がいいですよ。



下記のロイヤルハワイアンセンターのホームページから確認ができます。
http://jp.royalhawaiiancenter.com/info/culturalprogramming


レイメイキングだけでなく、ロミロミ・マッサージ・レッスン、ハワイアンキルトレッスン、ウクレレレッスン、フラレッスンなどハワイカルチャーが体験できるようです。

ハワイに渡航した際は是非活用してみてくださいね。