2015年11月2日月曜日

料理の鉄人の店 モリモト・ハワイ

友人との夕食でイリカイマリーナ1階にあるチャートハウスに行きましたが、満席で1時間待ち。

すると隣のホテルにレストランらしきお店が目に入りました。

よし、そこに行こう!

そこがあの伝説の料理番組「料理の鉄人」のアイアンシェフのモリモトさんの店とも知らずに。

そうです、「和」の達人のモリモトシェフのお店です。

レストラン入口の受付の壁には「Morimoto」というタイトルでシェフの顔が表紙の本がずらりと壁一面に並んでいました。

「何だか本屋さんみたいだね、あの表紙のおじさんだれだろうね?」と友人と話していると、スタッフはあからさまに嫌な表情をしました。

何だか言ってはいけないことを言ってしまったという雰囲気が読み取れました。

予約なしで私達が現れたことも不満そうです。

お店はとってもおしゃれ。

ライトも少し暗め。

壁やテーブルのデコレーションも貝や植物などの自然なものを使い手が凝っています。

男二人が気軽に食事する場所ではなかったことは明らかでした。

私達はテーブル席でしたが、寿司カウンターもあり3,4名の職人さんたちが無言で握っています。

恐る恐るメニューを開くと、やはりそれなりのお値段。

私のお財布が選んだのは「Duck Duck Duck」というあひる料理でした。

アヒルの卵にアヒルのお肉にアヒルのスープというアヒルづくし。

さすがにお上品なお店だけに、量もお上品でペロっと食べちゃいました。

アヒルって食べ物だったんですね。意外とおいしかったです。

ふと周りのテーブルを見ると、何かいつもと違う空気を感じました。

太ったお客さんがいないんです、ハワイなのに。

日本人観光客らしき人がいないんです、ハワイなのに。

みんなおしゃれな洋服を着てるんです、ハワイなのに。

ホテルに戻り、そのレストランの名前を思い出そうとネットで調べていると、あのお店がそんなお店だったことを知りびっくりしました。

モリモトシェフとそのスタッフの方々、数々のご無礼をお許しください。


ハワイ太郎


0 件のコメント:

コメントを投稿