2017年9月20日水曜日

ハワイ(オアフ島)の主な「7つの語学学校」の特徴・とポイント一覧(比較表付)


ハワイの語学学校選び、みなさんはどのようなことを重視していますか?
「キャンパスライフが味わいたい」、「試験対策コースに参加したい」、「初心者でも安心なスクールがいい」、「日本人の少ない学校がいい」など、学校選びのポイントは人により異なります。

今日のブログでは、当社で手配可能なハワイ(オアフ島)の語学学校を紹介いたします。

==================

① IIE Hawaii
➁ GV Hawaii
③ ICC Hawaii
④ EF Hawaii
⑤ CPC Hawaii
⑥ UH NICE Program
⑦ UH HELP Program

==================



① Institute of Intensive English / IIE Hawaii

30年の歴史を持つ語学学校。ハワイで唯一、国籍の偏りを防ぐ“Nationality Mix Policy”を採用するなど、さまざまな国籍・英語レベルの生徒同士が交流ができる環境作りを行っています。


場所:ワイキキ内
日本人比率:30~50%
特徴:国籍制限

こんな人におすすめ:午前中に授業を受けたい方、アクセスのいい学校で学びたい方
アドバイス:毎日のアクティビティーに積極的に参加し他の生徒と交流しましょう。
授業態度や出席状況などを考慮した上で、最もがんばった生徒に与えられる「Student Of The Month」の受賞を目指してください。



➁ Global Village / GV Hawaii

カナダとハワイの5都市に校舎を構える大規模校。午前中に行われる中上級者クラスにはヨーロッパからの生徒が多く、午後の初中級者クラスは日本人を含むアジア系の生徒が多く参加しています。


場所:アラモアナ
日本人比率:約39%~
特徴:レベルによって午前、午後のクラスが決まる

こんな人におすすめ:充実した設備の学校で学びたい方
アドバイスより国際的な環境で学びたい方は、初日のクラス分けテストで上のクラスに入るようにがんばりましょう。


③Intercultural Communications College / ICC

一般英語以外にもケンブリッジ英検やビジネス英語プログラムに力を入れており、ハイレベルな英語力を目指す方向けのプログラムが豊富です。 
英語講師養成プログラム(CELTA)を開催中は、受講生による無料英語レッスンが開催されることも。


場所:アラモアナ
日本人比率:約30%~
特徴:ケンブリッジ英検やビジネス英語プログラムに力を入れてる

こんな人におすすめ:ハイレベルな英語力を身に付けたい方
アドバイス:校内で英語以外の言語を話すと$5の罰金が徴収されます。English Onlyを心がけましょう。



④Education First / EF Hawaii

50年以上の実績を誇る世界最大級の語学学校。プログラムや教材は、独自開発のものを使用しています。EFのヘッドオフィスがヨーロッパにあることもあり、ヨーロッパからの生徒が多く通っています。



場所:ワイキキ内
アジア人比率:約15%
特徴:校内にEF生徒専用のCafeがあります

こんな人におすすめ:日本人があまり在籍していない学校を希望する方
アドバイス:ハワイの語学学校には珍しく、日本人スタッフがいません。全てを英語で頑張れば達成感が味わえるでしょう。




⑤Central Pacific College / CPC

ハワイでは珍しい日英のバイリンガル講師がいる英語学校。



場所:アラモアナ
日本人比率:70%以上
特徴:日本人の比率が多い

こんな人におすすめ:アットホームな雰囲気の学校で学びたい方
アドバイス:日本人生徒の割合は70%以上と多めですが、ハワイ大学の学生へのインタビューや日本語学習者とのランゲージエクスチェンジを行うなど、交流を通じて「生きた英語」を使う機会を増やしています。



⑥University of Hawaii / NICE Program

ハワイ州立大学マノア校で英語を学ぶプログラムです。
夏季と冬季に行われる3週間コースと、より集中的に英語を学べる10週間コースがあります。


場所:ハワイ大学マノア校
日本人比率:約60%
特徴:日本人を筆頭にアジア人からの参加者が多い

こんな人におすすめ:大学内の図書館やカフェテリアなどの施設を利用したい方、キャンパスライフを味わいたい方
アドバイス:10週間コースはビザの取得が必要です※1。また、いずれのコースも開催期間が決まっており途中入校はできません。スケジュールを確認の上、お申し込み下さい。
※1 授業数を減らすことで、ビザを取得せずに参加する方法もございます。詳しくはお問い合わせ下さい。


⑦University of Hawaii / HELP Program

ハワイ州立大学マノア校のキャンパスで英語を学ぶ、1セッション・8週間のプログラム。
一定の条件をクリアすれば、ハワイ大学マノア校にTOEFLスコア無しで進学できます。


場所:ハワイ大学マノア校
日本人比率:約40%
特徴:ハワイ大学マノア校に進学したい方の準備

こんな人におすすめ:ハワイ大学進学を希望する方
アドバイス:開催期間が決まっており途中入校はできません。スケジュールを確認の上、お申し込み下さい


各語学学校の料金一覧、最低申込期間

スクール名 授業料最低申込期間備考
アイ・アイ・イー・ハワイInstitute of Intensive English
アイ・アイ・イー・ハワイ
$1,150  / 4週間1週間一般英語の場合
グローバルビレッジ・ハワイGlobal Village Hawaii
グローバルビレッジ・ハワイ
$1,380  / 4週間1週間--
アイ・シー・シーIntercultural Communications College
アイ・シー・シー
$1,200  / 4週間1週間--
イーエフ・ハワイEducation First
イーエフ・ハワイ
¥295,600  / 4週間1週間ホームステイ料金込み
セントラル・パシフィック・カレッジCentral Pacific College
セントラル・パシフィック・カレッジ
$1,020  / 4週間1週間--
ハワイ大学・ナイスプログラムUniversity of Hawaii / NICE Program
ハワイ大学・ナイスプログラム
$2,885  / 10週間10週間3週間プログラムもあり
(2月・7月)
ハワイ大学・ヘルププログラムUniversity of Hawaii / HELP Program
ハワイ大学・ヘルププログラム
$2,200  / 8週間8週間4週間・6週間プログラムもあり
(5月・7月)

語学学校の基本情報

スクール名形態設立ロケーション日本語スタッフ全校生徒数教室数日本人生徒の割合校内Wi-Fi校内PC
アイ・アイ・イー・ハワイアイ・アイ・イー・ハワイ私立英語学校1984年オアフ島
ワイキキ
80-120人1530-50%10
グローバルビレッジ・ハワイグローバルビレッジ・ハワイ私立英語学校2001年オアフ島
アラモアナ
180-228人1539%26
アイ・シー・シーアイ・シー・シー私立英語学校1990年オアフ島
アラモアナ
約100人1430%12
イーエフ・ハワイイーエフ・ハワイ私立英語学校2008年オアフ島
ワイキキ
100-300名回答なし16%20
セントラル・パシフィック・カレッジセントラル・パシフィック・カレッジ私立英語学校2004年オアフ島
アラモアナ
30-50人770%2
ハワイ大学・ナイスプログラムハワイ大学・ナイスプログラム州立大学1975年オアフ島
マノア
30-85人760%100(キャンパス内)
ハワイ大学・ヘルププログラムハワイ大学・ヘルププログラム州立大学1971年オアフ島
マノア
75-125人840%25

語学学校のその他の情報

スクール名キャンパスライフが味わえるEnglish Only Policy初心者に優しい国籍制限アクティビティーが充実週末アクティビティー大学進学に力子供限定コースビジネス英語
アイ・アイ・イー・ハワイアイ・アイ・イー・ハワイ×
グローバルビレッジ・ハワイグローバルビレッジ・ハワイ××××
アイ・シー・シーアイ・シー・シー×××
イーエフ・ハワイイーエフ・ハワイ×××××××
セントラル・パシフィック・カレッジセントラル・パシフィック・カレッジ×××××
ハワイ大学・ナイスプログラムハワイ大学・ナイスプログラム××××
ハワイ大学・ヘルププログラムハワイ大学・ヘルププログラム×××××
※ 上記は2017年時の状況です。お申込み時には料金やプログラムが異なる場合がございますのでご了承下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿