2017年12月13日水曜日

ハワイが嫌いになる7つの事。

1.日本語が通じない



ハワイは日本人が多いので英語を話さなくても大丈夫!
そんな事ありません!英語が必ず必要になります。
「こんにちは」「ありがとう」「日本人!?」「あっち」「こっち」ぐらい。
ハワイでも英語が必要です。英語をまったく話したくない人はでツアーガイドのいる完全パッケージにする必要があります。




2.自分のファッションがド派手になる




黒のスニーカーに黒のスカーフ、黒の帽子。
そんなのハワイで毎日来ていたら周りから浮いてしまいます。



気づいたら自分の着ている服はハイビスカスにモンステラなど、柄物・アロハシャツばかりなっちゃいます。The Hawaii の人になるのが嫌な人はハワイに行かないほうがいいです。










3.日焼けをしてしまう





真っ黒になります。

日焼け止めを塗っても小麦色になります。







4.ハワイの海の色以外は海と思えなくなる






ハワイの海が基準になってしまいます。目が肥えてしまうのです。










5.海に行けばウミガメに会えるのが当然になってしまう



海に言ったらウミガメがいないのか探すのが当然になってしまいます。


日本に帰ってビーチでウミガメを探したら何時間?いやそんな簡単に見つからないでしょう。













6.Helloと言おうと思ったらALOHAと言ってしまう。




自分ではHelloと言っているつもりなのに、口が勝手に「Aloha」と言ってしまうようになります。












7.日本に帰りたくなくなる







ハワイに来てばかりの時はホームシックがあるかも、でもハワイに長く住むと日本に帰りたくない病になります。日本に帰る日が近づいてくるとハワイにいるのにハワイシックが始まります。















0 件のコメント:

コメントを投稿