2018年2月22日木曜日

F1ビザでの留学で、気を付けてほしい3つのこと

1.学校は休まず通い、積極的に授業に参加してください

各学校の規定にしたがって評定平均(GPA)のボーダーラインがあります。これを下回ってしまうとアメリカから出なくてはならなくなります。。。。

評定平均は出席率や授業態度により算定されます。
長期間留学されていると、風邪をひいたりおなかを壊したりして学校を休まなくてはならないことがあります。そんな時は必ずできるだけ早く、学校の人に相談してください。
ドクターズノート(診断書のようなもの)を提出する必要がある場合もあります。
提出物はきちんと提出、宿題はできるところは全部して、授業にも積極的に参加してください。前向きに参加してみると思いのほか楽しいものです。
せっかくの留学です思い切り授業をEnjoyしましょう!

2.アメリカを出国するときはI-20(入校許可証)にサインをもらいましょう

学生ビザをもって留学している場合、学校のお休みや何らかの事情で日本に帰るもしくはアメリカ以外の国へ出国する機会があるかもしれません。

その際はアメリカ出国前に必ず学校の担当者に相談してI-20(入校許可証)にサインをしてもらってください。
このサインがないと、アメリカへの再入国ができないことも。


3.取得した学生ビザで入国できるのはI-20記載のプログラム開始日より30日前以降です

とりあえずESTAで入って、途中から学生ビザにします。。。とおっしゃる方がいらっしゃいますが、それはできません。

アメリカへの入国可能日はI-20に記載されていますので、よくよく確認して航空券を手配してください。

関連記事
✳当社では渡航予定日より3か月前までの学校(プログラム)お申し込みをお勧めしています。長期の留学を思い立ったらお早めにご相談ください。





0 件のコメント:

コメントを投稿