2018年2月26日月曜日

英語を飽きずに学ぶ方法

英語を伸ばしたい思ったら何から手をつけますか?

参考書?教材?英会話スクール?
もしくは映画?テレビ?
英語を吸収できる方法はたくさんあります。

・レベルに合ったものから始める
・単語を増やす
・どうなりたいか/どのくらいのレベルになりたいか目標(イメージ)を持つ

簡単なことですが、とても大切です!
  
*_*_*_*_*_

初心者の私は好きな映画から見始めました。
その時の目標は【映画を字幕なしで観ること】
現地の映画館でお客さんのリアクションについていけなかったのがきっかけです。

映画を選ぶポイントは
・気楽に見れる
・日常会話が多く含まれている
以上です。

1度目は日本語字幕で、2度目以降は英字幕で。
字を読む気分でない時は、字幕も消す。
見ることに集中しなくても、聞き流しでOK。途中で止めるのもOK。
あまりルールを作らず気ままなペースでしたが、
トータル15回近く観た映画もあったので、セリフも覚えていました。

結果、これは留学中とても役に立ちました。

なぜならネイティブが普通の速さで喋る英語に耳が慣れていたのです。
それから、映画のおかげで「英語がわかっている」気分になりました。思い込みは大事なもので、「簡単!!」と思えばできるのです。(笑)
「わからない」「難しい」「できない」と思いながらやるのとは大違いなのです。



⚠近道注意⚠
英語がわからない時、翻訳機能はとても便利ですが、落とし穴もあるので気をつけて下さいね!翻訳機能を使った例です。
・Seriously cool! → 真剣に冷却します!
・Fire dance → 火災の踊り

すごい和訳になりました!(笑)

一つ一つの単語を調べて、どの意味が適しているかを考えるのも意外な発見に繋がったり、ボキャブラリーが増えるので、実は英語を取得する近道になります。
翻訳機能に頼りすぎず、がんばってくださいね!

さぁ、あとは実践です!
当社では留学前の準備のお手伝いとして無料英会話レッスンをおこなっています。
コミュニケーションの練習として、お気軽にご参加ください!!



2018年2月22日木曜日

F1ビザでの留学で、気を付けてほしい3つのこと

1.学校は休まず通い、積極的に授業に参加してください

各学校の規定にしたがって評定平均(GPA)のボーダーラインがあります。これを下回ってしまうとアメリカから出なくてはならなくなります。。。。

評定平均は出席率や授業態度により算定されます。
長期間留学されていると、風邪をひいたりおなかを壊したりして学校を休まなくてはならないことがあります。そんな時は必ずできるだけ早く、学校の人に相談してください。
ドクターズノート(診断書のようなもの)を提出する必要がある場合もあります。
提出物はきちんと提出、宿題はできるところは全部して、授業にも積極的に参加してください。前向きに参加してみると思いのほか楽しいものです。
せっかくの留学です思い切り授業をEnjoyしましょう!

2.アメリカを出国するときはI-20(入校許可証)にサインをもらいましょう

学生ビザをもって留学している場合、学校のお休みや何らかの事情で日本に帰るもしくはアメリカ以外の国へ出国する機会があるかもしれません。

その際はアメリカ出国前に必ず学校の担当者に相談してI-20(入校許可証)にサインをしてもらってください。
このサインがないと、アメリカへの再入国ができないことも。


3.取得した学生ビザで入国できるのはI-20記載のプログラム開始日より30日前以降です

とりあえずESTAで入って、途中から学生ビザにします。。。とおっしゃる方がいらっしゃいますが、それはできません。

アメリカへの入国可能日はI-20に記載されていますので、よくよく確認して航空券を手配してください。

関連記事
✳当社では渡航予定日より3か月前までの学校(プログラム)お申し込みをお勧めしています。長期の留学を思い立ったらお早めにご相談ください。





2018年2月19日月曜日

ハワイ留学あるある②「住んでみると意外に通じない日本語」

移民が多く、日本の文化も多く存在するハワイ。
ワイキキを歩いていると、ショップの店員さんから日本語で話しかけられることもしばしば。
むしろ、お店に入ると「いらっしゃいませ」と言われたり・・・。
(私は全力で日本人じゃないフリをします。すぐバレますけど。)

そのくらい日本語が大手を振って歩いているような土地柄のせいか、やはり留学地としての向き・不向きは気になるところですよね。
学校では英語を使うけど、日常生活は日本語ばかりでは、留学の意味あるの?というご心配、よく分かります。


でもご安心ください!!


ハワイは、意外と日本語通じません!!✋(笑)



観光客の大半を日本人が占めるハワイ。
お土産やさんなどでは、日本人や日本語を喋るスタッフを置いたりと、お客さんが困らないような対応をしています。
中には、日本語のメニューを置いているレストランもあったり。
特に、ワイキキ~アラモアナ周辺のよく雑誌で紹介されるお店にはよくある光景です。


それでは、観光客があまり行かないような場所ではどうでしょうか。



例えば、スーパーでは日本語対応のスタッフはあまり見かけません。
クレジットカードでの支払い方法も、事細かに教えてくれないんです。
値札を見間違えてしまい、返品するにも英語で一苦労。(実話。結局、押し問答に負けて高価なベーコンを朝食に頂きました・・・。)
それどころか、日本みたいにスタッフが店内をウロウロしていないので、探し物を見つけるのも大変です。
そして、レジ打ちのスタッフも、スタッフ間で楽しげにお話をしながらの接客。

ここはハワイなんだなぁ~と実感する瞬間です。(笑)



1週間ぐらいの旅行で滞在するのと違い、長期でハワイで「暮らす」と、新たな一面が見えてくると思います。

そして、英語を使う環境はいくらでも探せます。
学校の先生の「分かりやすい」英語ではない、現地の人の英語に触れる経験は、留学でしか味わえないものですね。


見ず知らずの人でも、通りすがりに挨拶をしたり、簡単な会話を交わしたりする文化のハワイ。

せっかくの留学なので、恥ずかしがらずに、積極的に話しかけてみてくださいね!




2018年2月15日木曜日

ハッピーバレンタイン!

日本とハワイ、異なる文化がたくさんありますが、バレンタインもその一つです。

バレンタインと言えば、日本では女性から男性へチョコレートやプレゼントを渡しますが
ハワイ(アメリカ)では男性から女性にプレゼントをするのが一般的です。

お花やぬいぐるみ、風船などを贈ったり、素敵なディナーに出かけたり、、(いいですね❤)



家族やお友達とはキャンディーやカード贈り合います。

ホワイトデーは日本独自の文化です。御礼を送るなんて日本らしい!!
(当社は日本スタイルなので、女性スタッフはホワイトデーを楽しみにしています)

何年か先は日本でも、男性から女性にプレゼントを贈るスタイルに変わっているかも?!

Happy Valentine's Day!!

2018年2月4日日曜日

ハワイに来ている留学生の国籍や年齢を調べてみた。


語学留学と言ったら、アメリカ本土、オーストラリア、カナダなどを思い起こす事が多いと思いますが、ハワイという小さな島の語学学校にはどんな人たちが語学を習得しに来ているか?
ワイキキ中心にある 語学学校の一つ IIE Hawaii から得た生徒の国籍や年齢、男女比などを調べてみた。

① スイス人の比率が多い



日本人の大好きなハワイ、はやり日本人の比率が多いですが。
スイス人もハワイが大好きなようです。また、意外にもスイス人と日本人は性格などの共通点も多く仲良くなる事も多いと聞きます。
スイス以外にもヨーロッパからの留学生が多いです。

②全体的に女性が多い



実はハワイに限った事ではないのですが、留学する方は全体的に女性が多いようです。
日本人に限っては約80%女性です。

③全体平均年齢は30歳前後



実は意外に年齢層が高め。
日本人に限っては、社会人経験をした後にハワイ留学する方が多くいらっしゃいます。
もう30歳を超えたから語学留学は無理!と考えている方。
まだまだ留学適齢期です。ご安心を!


④短期語学留学の人が多い




語学留学と言ったら1年以上日本を離れるイメージをする方がいます。
そんなことはありません、1週間だけの弾丸留学から
1か月間、転職する間の時間に来た!との人もいます。



======================================







2018年2月1日木曜日

1週間の弾丸ハワイ留学を成功させるコツ、とは!?

イーストマンハワイの人気パッケージ、
「1週間のハワイ弾丸留学パック」

シェアルームやコンドミニアムの滞在とIIEの授業(一般英語STEP)のパックが$1100!
というこのプランですが、

「1週間なんて短すぎて、意味がないんじゃない?

という方もいることでしょう。

確かに1週間は短い……のですが、
それでも、1週間で英語力アップを実感することは可能です。
弾丸留学パックにご参加いただいた皆様にも
「学んだー!!」という満足感を味わっていただきたい!

そこで本日は、これまでに色々な方からお聞きした情報に
超個人的な意見を交えながら

「短期留学を成功させるためのコツ

をご紹介したいと思います。
あくまで個人の見解ですので、ツッコミを入れながら参考程度にご覧くださいね。

-----------
① 出発前の1ヵ月、単語集・参考書で中学英語の記憶を呼び戻す

日常英会話に必要な知識は、中学の授業で習う単語、文法で十分と言われています。
中学校の参考書や単語集を1冊ずつ買って(一番薄くて簡単なモノがおすすめです)
できれば1カ月かけて、一通り目を通しておきましょう。
丸暗記の必要はありません。「あー、そうそう」「こんなの、あったあった」
と、軽く思い出せればOK!
記憶の奥の方にあった知識を手前に引き出しておけば、必要なときにすぐに使えます。
スポーツと同じで、英語の学習もウォーミングアップが肝心です。



②   ハワイ滞在中はSNS断ち。“English Only”の覚悟を!

ハワイへ行っても毎日日本の友だちとLINE、Twitter……では、
せっかく英語になじんだ頭も、日本語頭にリバウンドしていまいます。
たったの1週間ですから、思考回路も言葉もすべて英語に変える覚悟で過ごしましょう
(もちろん、家族への連絡はお忘れなく!)



③ 授業で覚えた単語、フレーズは、すぐ実践で使ってみる!

日本で英会話を習っている場合、教室を一歩出ればそこは日本語だらけ……ですが、
ハワイは違います。
教室を出た後も、海外からの留学生や地元の人と、積極的に英語で会話してみましょう。
実践で使った単語や言い回しは、教材を使って覚えた知識よりも、記憶にしっかり残るものです。


弾丸留学パックは、日曜日ハワイ着⇒土曜日ハワイ発という
6泊8日のスケジュールでご参加可能です。
成田発着ならば……
日曜日成田発(ハワイ日曜日着)⇒土曜日ハワイ発(日曜日成田着)
が一般的なスケジュールです。 

思いがけず1週間の休みが取れた! という方、ぜひ当社までご連絡下さい。