2018年4月22日日曜日

ハワイこども向けサマースクール、人気3校を比較

ハワイの語学学校が開催している夏限定の子ども向けサマースクール、人気の3校。

ハワイのサマースクールの特徴としては、どこの学校も
「アクティビティー」「英語クラス」を組み合わせたプログラムが基本。

同じようなプログラムでどこの学校を選んでいいのかわからない、、、
そんな方の為にハワイで最も人気の3校を簡単に比較。

==========================
スクール名年齢期間(2018)時間料金(1週間)
アイ・アイ・イー・ハワイIIE Hawaii
Kids & Teens English Summer
K-STEP:6歳~12歳
T-STEP:12歳~16歳
7/9 - 8/17月~金
8:45-16:00
$885~
アイ・アイ・イー・ハワイGV Hawaii
Junior Program
YLE:7-12歳
TAP:12-17歳
7/9 - 8/24月~土曜
8:10~
$980~
ユニバーサル・イングリッシュ・アカデミーCPC Hawaii
Club Keiki
Club Keiki:6~15歳7/23 - 8/24月~金
8:30-16:00
$809~
==========================

No.1 IIE Hawaii Kids and Teens English 


ハワイで最初に英語を母国語としない子供(小学生)向けのサマープログラムを開催した学校でもある為、経験豊富でリピーターが多いのが特徴。

K-STEP:6歳~12歳 T-STEP:12歳~16歳 と年齢別に2つのコースに分かれているが、特に小学生向けのK-STEPが人気。日本以外にもヨーロッパや他のアジア圏のこども達がプログラムに参加していますが、7月末~8月のお盆あたりになると日本人率が多くなります。
英語レッスンは、年齢・レベル別に分かれて勉強をします。K-STEPでは工作や絵日記を通じて楽しみながら、中・高校生向けのT-STEPは、大人の授業と同じテキストを使用してしっかり学びます。
また、ワイキキ内の校舎の為、こどもの送り迎えに便利なのも特徴です。

立地:ワイキキ内
日本人率: 50%~90% (7月前半は特に日本人が少ない)
レベル: 初級~中級 



No.1 GV Hawaii Summer Program 


YLE:7-12歳 TAP:12-17歳 と別れていますが、小学生向けと、中・高校生向けでプログラム内容が異なるのが特徴です。
中・高校生向けのTAPは土曜日にもアクティビティーが設定されているのが他の学校と違うところ。アクティビティーにサーフィンがあったりと、大人顔負けの楽しいアクティビティーを提供しています。
小学生向けのYLEは、プログラム終了までにケンブリッジYLE試験を受験(オプション)するので、勉強へのモチベーションが上がります。また、アクティビティもオプションになります。
学校終了時間はその日のアクティビティーによって異なります。

英語クラスはレベルによってわかれていますが、参加者の体験談ではTAPの上級クラスはネイティブ並みだったという感想も。


立地:アラモアナ地区
日本人率: 60%~70%(TAP)
レベル: 初級~上級



No.1 CPC Hawaii Club Keiki 


一番の特徴がプログラムにランチがついている為、お弁当を用意する必要がないというのがうれしい違い。参加者はオリジナルTシャツがもらえます。また、生徒はほぼ日本人、アクティビティにも日本人スタッフの付き添いがあるのが他の2校と異なる大きな特徴。


立地:アラモアナ地区
日本人率: 約100%
レベル: 初級~


0 件のコメント:

コメントを投稿